ファッション

ドゥーズィエム クラス2020年春夏 “1周回っておしゃれ”なネオコンサバスタイル

 ベイクルーズグループが手掛けるドゥーズィエム クラス(DEUXEME CLASSE)の2020年春夏は、フィット感のあるボトムスやウエストマークの着こなしで、女性らしいシルエットに落とし込んだスタイリングが新鮮だ。

 今季は“フェミニン”“サファリ”“セブンティーズ”をテーマに、シャツジャケットのセットアップやオールインワン、さらに型数豊富にスカートやシャツをそろえた。ボディーラインを程よく強調したスタイリングについて、「コンサバが“1周回っておしゃれ”なのでは?というアイデアからイメージを広げている」と刈部麻理奈プレス。 “ネオコンサバ”をキーワードに「脚を見せるアイテムやスタイリングを提案したい」とする。特にスカートは、膝丈のタイトなものからプリーツなどの定番スカートの丈感をアレンジしたものまで、さまざまに打ち出す。足元はフラットサンダルに加えて、ヒールのあるシューズも多くそろえた。

 キーカラーは、オフホワイトやエクリュ、ベージュなどのニュアンスカラー。素材はリネンやシルクなどを用いて、全体でエフォートレスでリラックス感のある印象に仕上げている。

村上杏理:1986年、北海道生まれ。大学で日本美術史を専攻し、2009年にINFASパブリケーションズ入社。「WWDジャパン」記者として、東京のファッション・ウイークやセレクトショップ、販売員取材などを担当。16年からフリーランスで、ファッションやライフスタイル、アートの記事執筆・カタログなどを手掛ける。1女児の母

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら