フォーカス

「週刊文春」編集局長に聞くビームス本秘話

有料会員限定記事

 「週刊文春」とビームスの異色コラボムック本「週刊文春が迫る、BEAMSの世界」(文藝春秋)が話題だ。これまで数々の“文春砲”を放ってきた同誌の新谷学編集局長が手掛け、スタッフにファッション業界のトップクリエイターらを起用した文春史上初の“ファッション誌”となった。これは、これまで多くの“人”のノンフィクションを追ってきた「文春」が、兼ねてから“人”を際立たせてきたビームスに迫ったフィクション。「文春」のブランド力をフルに使い、6万5000部を全国書店・コンビニにくまなく配本。宣伝広告費もしっかりかける本気度で、今後はこのフォーマットを活用したスクープやスキャンダル以外の新たなブランディングにも広げていくという。新谷編集局長は、なぜファッション誌を作ったのか?(この記事はWWDジャパンvol.2109からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り3357⽂字, 画像4枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む