紙面紹介

川久保玲が語る「コム デ ギャルソン」の50年 “ファッションはビジネスの中で使う素材。そうなったのは、偶然だ。”

 7月22日号の「WWDジャパン」は「コム デ ギャルソン(COMME DES GARGONS)」川久保玲のインタビューを掲載しています。ほとんどインタビューを受けることのない川久保玲に5月、米「WWD」が米・ニューヨークで直撃。今年ブランド創設50周年を迎えた「コム デ ギャルソン」のクリエイションとビジネスの両面を、夫であるエイドリアン・ジョフィー(Adrian Joffe)=コム デ ギャルソン インターナショナル最高経営責任者(CEO)兼ドーバー ストリート マーケットCEOの通訳のもと、率直に語っています。

 「自分をデザイナーだと自覚したのはいつか?」という問いに対して「私はファッションデザイナーではなく、ファッションをビジネスとして利用していると考えている」と答えており、今回の表紙にも引用されている言葉「ファッションはビジネスの中で使う素材。そうなったのは、偶然だ」につながります。クリエイションとビジネスを両立させる世界的デザイナーの思考を知ることができる貴重な機会になっています。

 2019-20年秋冬オートクチュール・コレクション詳報では、カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)亡き後の「シャネル(CHANEL)」「フェンディ クチュール(FENDI COUTURE)」について紹介しています。また、オートクチュールを支えるアトリエの縫製師であるプティ マンにフォーカスし、その熟練の職人技に迫るとともに、クチュールでも広がりつつあるサステイナビリティーやエコフレンドリーな動きにも触れています。

 ニュース面では、ステラ・マッカートニー(Stella McCartney)とともに循環する服と人工クモの糸を発表したアディダス(ADIDAS)のサステナ戦略を取り上げました。同社が4月から次々と発表する試作品を、協業した企業や用いた最新技術とともに紹介しています。さらに秋に東京で巡回展を開催する「シャネル」のトップにインタビューをしました。ブルーノ・パブロフスキー(Bruno Pavlovsky)=プレジデントが語る同展の見どころも紹介します。

CONTENTS

IN FOCUS

  • 川久保玲が語る「コム デ ギャルソン」の50年

EDITOR’S VIEW

  • 革新的な技術の定着に必要なこと

NEWS

  • アディダスがサステナ戦略加速
  • 「シャネル」トップに聞く顧客とのつながり方
  • 楽天が東コレの冠スポンサーへ

SERIES

  • 倒産&がんを乗り越えた元社長の回顧録 第8回どん底で気付いた大切なモノ
  • ミステリーショッパーが行く!:ゾゾユーズド
  • スニーカーライフ:ハイプ疲れ
  • ファッション業界人物列伝:BRUSH 代表取締役会長 秋山恵倭子 第4話

FASHION PATROL

  • ザコシが“誇張ナシ”で語るファッション業界に必要なコト

WEEKLY SCHEDULE

  • 7月22~28日