ファッション

大火災のノートルダム大聖堂再建に「グッチ」や「ルイ・ヴィトン」親会社のCEOらが計375億円を寄付

 4月15日に発生したパリ・ノートルダム大聖堂の火災を受けて、2大ラグジュアリー・コングロマリットのケリング(KERING)とLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)のトップが修復費用を寄付すること発表した。

 AFP通信によると、ケリングのフランソワ・アンリ・ピノー(Francois-Henri Pinault)会長兼最高経営責任者(CEO)一家は、1億ユーロ(約125億円)を寄付すると表明。フランソワ・ピノー一族の投資会社アルテミス(ARTEMIS)を通じて、ノートルダム大聖堂再建のために1億ユーロを寄付することを決めたという。ケリングは「グッチ(GUCCI)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」「バレンシアガ(BALENCIAGA)」「ブシュロン(BOUCHERON)」などを抱えており、パリに本社を構える。

 LVMHと同社のベルナール・アルノー(Bernard Arnault)会長兼CEO一家は、2億ユーロ(約250億円)を寄付する。同社は「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「ディオール(DIOR)」「セリーヌ(CELINE)」などのファッションブランドから「モエ・エ・シャンドン(MOET ET CHANDON)」「ドン ペリニヨン(DOM PERIGNON)」などのワイン&スピリッツブランドを擁する。アルノー会長兼CEOは4月16日に発表されたブルームバーグ(BLOOMBERG)による世界長者番付で、資産総額904億ドル(約10兆1131億円)で3位にランクインしている。
 
 パリ現地時間15日夕方に火災が発生したノートルダム大聖堂は、800年の歴史があり、ユネスコ世界遺産にも登録されているパリを象徴する建物だ。すでにエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領は再建を宣言している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。