ファッション

ヴァージル・アブローが「ルイ・ヴィトン」で新ラインをスタートか?

 ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が、メンズのアーティスティック・ディレクターを務める「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」で新ラインを発売するかもしれない。

 25日の日本時間18:15ごろ、ヴァージルは自身のインスタグラムに「LV」とステッチしたボタンの写真を掲載。「今、別のラインを手がけているところ。ボタンだけじゃない。詳細は店舗で。内部では“ステイプルズ”と呼んでいる」という意味深なコメントをアップした。位置情報は、改修を進めていたポン・ヌフ通り沿いの「ルイ・ヴィトン」メンズの中枢だ。

 英語の“ステイプルズ”とは、日本語で「主食」「主成分」「重要産物」などの意味。転じて「欠くことのできないもの」という意味も持つ。ボタンがついているのが、メンズの定番キャメルのコートのように見えることからも、ヴァージルがアップデートしたメンズの普遍的ワードローブか、ヴァージルがきちんと監修したコマーシャルラインのいずれかが期待される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら