ファッション

モデルの畔柳康佑がディレクションするメンズブランド「サリックス」がデビュー

 モデルの畔柳康佑がディレクターを務めるメンズアパレルブランド「サリックス(SALIX.)」が2018年春夏コレクションからスタートする。

 ブランドコンセプトに“自分にしかない個性”を掲げ、モードストリートを軸に表現する。ファーストシーズンは、“一瞬の衝動は永遠の激動”をテーマに、1990年代の日本のファッションやアニメ、ゲームなどのカルチャーをインスピレーション源としたもので、ルックのモデルには畔柳と親交のある花沢将人、Yacoを起用。写真は若手写真家の嶌村吉祥丸が撮り下ろした。

 Tシャツやバッグなどオリジナルアイテムの他、一部セレクトアイテムとして「ダンロップ(DUNLOP)」や「アンドワン(AND1)」など90年代ムード漂うダッドスニーカーなどをそろえる。

 畔柳は雑誌「スマート(smart)」をはじめさまざまなカタログや広告でモデルを務める他、ロンドンで行われた「メゾン ミハラヤスヒロ(MAISON MIHARA YASUHIRO)」2018年春夏コレクションではランウエイモデルを務めた。アイテムは、4月1日にオープンするウェブストアで販売し、運営はECマーケティングやコンサルティング業を営むビースリーが行う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら