ビューティ

「エポカ ザ ショップ」でヘアアレンジやポイントメイク

 三陽商会は3月31日まで、婦人服セレクトショップ「エポカ ザ ショップ丸の内(EPOCA THE SHOP)」店に、ビューティブース「スウィッチング(SWITCHING)」をオープンしている。表参道のヘアサロン「ノラ(NORA)」と協業し、美容師が毎日ショップ常駐し、ヘアアレンジやポイントメイクをタッチアップ。春の洋服やアクセサリーが並ぶセレクトショップで、トータルビューティが体験できる。

 洋服やアクセサリーだけでなく、シーンに応じでヘアスタイルやメイクまで、装いをスウィッチ(切り替え)したいという女性の望みをかなえるためオープン。伊藤直美・三陽商会 マーケティング&コミュニケーション本部 宣伝・販促部 販促グループ長は、「女子会やデートの前、さらには仕事のプレゼンの前など、サロンに行くまでではないが、でもちょっときちんとしたい、ちょっとアレンジして気分を上げたい。そんな女性たちに、トータルビューティを提案できたら」と述べる。

 メニューは、所要時間10~15分のヘアブローやヘアアレンジ(各1500円)から、25~30分のフルセットスタイル(3500円)、10~15分の目元・口元のポイントメイク(1500円)。ヘア、メイクだけでの来店も可能だ。

【関連記事】
■三陽商会の「エポカ」が管理職の女性に向けたショップ 福岡に2号店

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら