ニュース

ベイクルーズが日本初上陸のロブスターロール専門店 「ルークス」を表参道にオープン

 ベイクルーズは、ニューヨークから日本初上陸のロブスターロール専門店「ルークス」を表参道にオープンした。

同店は、バンズにロブスターを挟んだロブスターロール専門店として2009年、ニューヨーク・マンハッタンにオープン。アメリカ・メイン州でロブスタービジネスを手掛ける父のもとに生まれた同店代表のルーク・オールデンが、ニューヨークでロブスターが高級料理として振る舞われていることに疑問を持ったことがオープンのきっかけだ。現在、ニューヨークを中心に14店舗を展開し、レストランで約30ドルで提供されている高品質のロブスターを半額の約15ドルで食べられる店として有名だ。

 ロブスターは、メイン州の漁師から直販し、水揚げ後すぐに自社工場で加工したもののみを使用。スパイスや大量の野菜は使用せずに、少量のマヨネーズとレモンバターなど、素材の持ち味を引き出すシンプルな味付けが特徴だ。メニューは、ロブスターロール(USサイズが1580円、レギュラーサイズが980円)のほか、クラブロール(1380円)やシュリンプロール(1380円)、サイドメニュー(250円〜)などが取りそろう。