ファッション

【ミラノ速報】ロック界のミューズのように ゴージャスを気取る「エミリオ・プッチ」

 今シーズンの「プッチ」は、女優のアニタ・バレンバーグやブリット・エクランド、デヴィッド・ボウイの元妻のアンジェラ・ボウイなど、1960年代後半から70年代前半にかけて、ロック界のミューズだった女性からインスパイアされたコレクションを披露した。前髪のある、金髪のややラフなストレートヘアのモデルは、まるでアニタ・バレンバーグの若かりし頃のようだ。


 パステルピンクやミントのファーコートやモヘアジャケット、淡いラヴェンダーカラーのドロップショルダーコートには、デザイナーのピーター・デュンダスの定番とも言えるプッチ柄のショートパンツや、裾にフリルをあしらったミニスカートを合わせ、若々しいスタイリングを提案。渦のようなプッチ・プリントは過去のアーカイブをアレンジし、チュニックドレスやベルテッド・ドレス、ブラウスにも採用している。さらにスパンコールやビーズでプッチ柄を再現するなど、華やかさを演出。白や黒のモノトーンのニットには、スタッズを散りばめた。


 黒のレザーやゼブラ、ポニースキンなど、さまざまな素材で提案したショートパンツの足元は、ブラック、ブラウン、レッドのスウェード素材のサイハイブーツを合わせ、トップスのボリュームのあるコートでスタイリング。オーバーサイズコートは今シーズンも多くのブランドで提案しており、トレンドとして継続しそうだ。



【コレクション速報一覧はこちら

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら