ファッション

バロックが販売員の夢を現実に!福岡出身の中村真里さんが新ブランド「リム アーク」発表

 バロックジャパンリミテッドは来春、新ブランド「リム アーク(RIM.ARK)」をスタートする。25歳以上に向け、ノームコアのシンプルなスタイルを軸に、モードやリラックスムードをミックス。ブランド名の「RIM.ARK」は、「Relax(リラックス)」と「Industrial(無機質な)」「Mode(モード)」の頭文字に、箱という意味を持つ「Ark」を加えた造語で、3つの要素が一つの箱に入っているという意味を持つ。デビューとなる2016年春夏シーズンは「アーバン ブリーズ」をテーマに、風に揺れる軽やかな素材にこだわり、体を締め付けないストレスフリーのアイテムが多数そろう。まずは、ECのみでの販売を始め、将来的にリアル店舗を構える予定だ。

 デザインを手掛ける中村真里ディレクターは、バロック主催の販売員を対象とした第1回「スター発掘コンテスト」のグランプリ受賞者で、賞金と「受賞者の夢を一つ叶える」という権利が与えられ、「自分のブランドを立ち上げたい」という夢を実現させた。福岡県出身の中村ディレクターは、23歳まで地元のヘアサロンで美容師の仕事をしていたが、好きなファッションで仕事したいという夢を捨てられず、シェルター博多店で販売員になった。約2年前に上京し、ザ・シェルター トーキョー表参道原宿店で販売員を始め、コンテストに応募した。コンテストの選抜メンバー20人は、公式ユーチューブチャンネル「バロックチャンネル」でそれぞれが動画を配信。得意のヘアメイク指南のムービーが支持され、再生回数9万回を超えるほどの支持を得た。グランプリ受賞後は、「スライ」の企画アシスタントとしてデザインを学び、「リム アーク」を発表した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら