ファッション

六本木のギャラリースペースでファッション写真講座 ゲストにイッセイミヤケ宮前義之や鈴木親

 写真雑誌「IMA」のギャラリースペース「IMAコンセプトストア」(六本木)で、「イッセイ ミヤケ」の宮前義之デザイナーやフォトグラファーの鈴木親など、世界で活躍するクリエイターをゲストに迎えたファッション写真の講座を行なう。ファッションシーンの最前線にいるクリエイターとともに、「ファッションデザイナーからみたファッション写真」「世界で通用するファッション写真家とは」「ファッション写真に必要なセンス」などをテーマに、リアルな制作現場の裏側に迫る。司会はフリー編集者の服部円(まどか)。レクチャーは7月4・11・18・25日の全4回で、時間はいずれも夜8時から2時間。1回2500円、全編受講が8500円になる。

<レクチャー内容>
第1回:7月4日 「ファッションデザイナーからみたファッション写真」
ゲスト:宮前義之「イッセイ ミヤケ」デザイナー×辻川幸一郎(映像ディレクター)
第2回:7月11日「ファッション写真の過去・未来」
ゲスト:ムラカミカイエ(クリエイティブ・ディレクター)
第3回:7月18日 「世界で通用するファッション写真家とは」
ゲスト:齋藤真紀(「ヌメロトーキョー」フォトディレクター)
第4回:7月25日「ファッション写真に必要なセンス」
ゲスト:鈴木親(フォトグラファー)
定員:80名
申込期間:07月24日まで

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら