ビューティ
連載 爆裂!健康美容マニア道

腸が超快適になる!バイオジェニックスって何?【爆裂!健康美容マニア道】

1日8食、ジャンクフード漬けの超不健康児から超健康優良児へと大変身を遂げたフリーアナウンサーの名越涼。およそ15年かけて自らの体で人体実験を繰り返してきた結果、“超絶良かったもの”だけを余すことなくお伝えする。今回は腸活とバイオジェニックスについて

第3の腸内ケア!?
バイオジェニックスで腸・快適!

腸活が浸透して久しい。「腸を制するものは、すべてを制する」この合言葉だってもはや健康オタクだけのものではなくなった。(ほんまかいな)当たり前すぎてその凄さに気づくのはなかなか困難だが、腸は毎日凄まじい働きをしている。

食べ物の消化と吸収、排泄をするだけでなく、病原菌やウィルスなども排除してくれている。全身の中でそうした外敵を退治する免疫細胞の70%以上は腸にあるのだ。さらには幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの製造工場でもあり、その割合は脳が2%で腸が90%(!)。つまり、体の健康だけでなく、心身の安定につながる幸せホルモンの分泌にだって腸内環境を良好に保つことが何よりも重要なわけ。

というわけで、今回は様々な腸活歴を経て名越がたどり着いた究極の腸内ケアをご紹介したい。それは、第3の腸内ケアと注目されている「バイオジェニックス」。これからの腸活としてぜひ知ってほしい。

そもそも腸内細菌ってどうなっているの?

私たちの腸内には多種多様な細菌が生息していて、その数はおよそ1000種、100兆〜1000兆個ともいわれている。人間の細胞はおよそ60兆個とされているが、体内には自分たちの細胞よりもはるかに多い細菌が存在しているのだ(これ凄いよね)。それらは特に小腸から大腸にかけて生息。その腸内細菌は善玉菌・悪玉菌・日和見菌と働きによって3つに分けられていて、理想の割合は善玉菌が2割、悪玉菌が1割、そして日和見菌が7割だそう。私たちの体内では毎日のように善玉菌と悪玉菌の縄張り争いが起こり、腸内細菌のバランスが変化している。

そこで重要なのが、7割を占める日和見菌。この日和見菌、体が弱ったり免疫が落ちたりすると悪玉菌と一緒になって悪さをするというちょっと困ったさんな性質があるのだ。良い腸内環境のためにはこの日和見菌が悪に染まらないよう、善玉菌が優位な状態を保つことが大事なのである。

結局、バイオジェニックスって何?

じゃあ、善玉菌が優位な状態を保つためには乳酸菌やビフィズス菌をとにかくたくさん摂ればいいんじゃない?と思った人(主に過去の私ね)。それって実は途方もないこと。腸内細菌の形成パターンは一人ひとり異なるため、例えばある乳酸菌を摂取したとしても自分が元々持っている腸内細菌の種類と違ったり相性が悪かったりすると、腸に留まらずに排出されてしまうのだ。自分の腸内の菌と相性がよいものを見極めるには途方もない種類を試さなければならず、それって永遠に続く闘いの予感しかない。そして直接摂取した善玉菌は腸内にある程度の期間は存在していても、定着はしないのだ(これ、知ってた?)。

そこで激推ししたいのが、腸活サポートサプリメントの「フィロソフィー(PHILOSOPHY)」。無農薬・無化学肥料で栽培された、遺伝子組み換えではない国産大豆を豆乳にして、その中に16種の選りすぐりの乳酸菌・ビフィズス菌を投入。その後、1年半かけて培養・発酵・熟成させ、その発酵過程の中で菌たちが作りだした多種多様な栄養素をスプレードライ加工してパウダーにしたものだ。

この多種多様な栄養素が、バイオジェニックス(乳酸菌生産物質)のこと。生きた菌ではなく、菌たちが作ってくれた栄養素を直接腸に取り込むので、腸内細菌と細胞が活性化され、悪玉菌を抑制すると期待されているのだ。ほんのりレモン風味で飲みやすく、水なしでもOK。さらに嬉しいのは赤ちゃんでも飲めること。子育て奮闘中のママ・パパにぜひ知ってもらいたいサプリメントなのである。

免疫の要・腸活の新しい選択

見えない部分だからケアがつい後回しになってしまうが、日々自分が元気に過ごしていられるのは、紛れもなく腸の頑張りのおかげ。名越自身、これまで様々な腸活を試し、あてもない相性探しを続けてきたが、これにていったんその旅は終了。免疫の要・腸を活性化させてハツラツとした日々を過ごしたい人は、ぜひ第3の腸内ケアを。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。