ファッション
連載 HOW TO SAY? 第5回

「コム デ ギャルソン」編 フランス語の発音を学ぼう!

「WWDJAPAN」の連載「HOW TO SAY?」

「コム デ ギャルソン」は“しっぽ”がポイント

コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」のCの下についた“しっぽ”は区分符号のセディーユといい、これが付いているため“コン”ではなく“ソン”と発音する。また、最後のSは発音しない。

合わせて、もはや連載「HOW TO SAY?」ではおなじみの“難音”Rがあるため、カタカナ表記するなら“コム デ ギャッソン”。

ちなみにCDGと省略して書くと、多くのフランス人はパリの玄関口シャルル・ド・ゴール国際空港を想像してしまうので注意!

連載「HOW TO SAY?」とは?

連載「HOW TO SAY?」は、ブランドの母国語をあらためて(特に発音とリスニングについて)勉強してみよう!というもの。まずは、多くのブランドが生まれ、業界を今なおグイグイけん引するフランスの母国語フランス語にフォーカスする。ブランドに関わる人はもちろん、出張や旅行の際にも役立つかもしれない。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。