ビューティ

スクリャービンの楽曲を元にした香水が「サロン ド パルファン」に登場 “ピアニストの手”のアロマオーナメントも

 クラシック音楽をもとに、その曲をイメージした香りを作るニッチフレグランス ブランドの「ラニュイ(LA NUIT)」は、プロダクト第2弾として、アレクサンドル・スクリャービン(Alexander Skrjabin)のピアノ曲を題材にした香水を製作した。10月20日から伊勢丹新宿本店で行われる香りの祭典「サロン ド パルファン」で販売し、三越伊勢丹の化粧品EC「ミーコ(MEECO)」では19日に発売する。

 題材にしたのは、スクリャービンの後期のピアノ曲「ピアノソナタ7番“白ミサ”」「同9番“黒ミサ”」「同10番“昆虫”」。曲自体を知らなくても、その独特な名前に思わず興味をひかれてしまう人も多そうだが、「恍惚、官能の極致といった、スクリャービンの独創性が最もよく表現された曲」(同ブランドを手掛ける編集者の海老原光宏)なのだという。

 その楽曲の世界観をもとに、香り文化の普及などに務めるプロジェクト「かほりとともに、」を主宰する沙里が調香を担当した。「白ミサ」は「爽やかさの中にかすかに際立つ色気と危うさ」、「黒ミサ」は「神秘の残響を刻む圧倒的に不穏な香り」、「昆虫」は「豊かな土壌に草木が生い茂り、虫が飛び交う」といったイメージだ。

 3曲のオードパルファン(各10ミリリットル)をセットにして販売する。香水に加え、スクリャービンをレパートリーにしているアレクサンダー・ガジェヴ、福間洸太朗など14人のピアニストへのインタビューや、音楽家・文筆家の菊地成孔によるスクリャービンについてのエッセイなどで構成するブックレットが付属する。また、貴重なスクリャービン自身の演奏など5曲を収めたCDも付く。価格は税込2万7500円。

 ほかに、スクリャービンのピアノ曲「炎へ向かって」を題材にした商品も企画している。アロマキャンドル(8910円)や、ピアニスト福間洸太朗の手を石膏で型取りしたオーナメントと精油のセットがある。精油をオーナメントに染み込ませて香りを楽しむもので、左手、右手それぞれが1万6500円。オーナメントと精油のセットは、アロマブランド「バロン(BALLON)」と協業で製作した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。