ファッション

エアークローゼットが新規上場へ 東証グロースに7月29日予定

 衣料品レンタルサービスのエアークローゼット(東京、天沼聰CEO)は23日、東京証券取引所から東証グロース市場への新規上場が承認された。上場予定日は7月29日。

 同社は2014年7月に設立。月額制レンタルサービスの「エアークローゼット」の運営によって、ファッションのサブスクリプションを日本で広めてきた。サービス開始7年で会員登録者数は70万人を超えた。直近の21年6月期の業績は売上高が28億円(20年6月期は21億円)、純損益は3億4400万円の赤字(同7億1500万円の赤字)だった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら