ファッション

ヒューゴ ボスが新人事 クリエイティブチームを再編成

 ヒューゴ ボス(HUGO BOSS)は、デザインなどを手掛けるクリエイティブチームを再編成した。

 2016年から取締役としてクリエイティブを統括してきたインゴ・ウィルツ(Ingo Wilts)チーフ・ブランド・オフィサーは、2月28日付で同職を退任。ただし12月末まではコレクション関連のプロジェクトに携わる。ウィルツは、コレクションのクリエイティブ・ディレクション全般を担当しており、「ボス(BOSS)」と「ヒューゴ(HUGO)」の再編成についても責任者を務めた。後任にはマルコ・ファルチョーニ(Marco Falcioni)が3月1日付でシニア・バイス・プレジデント クリエイティブ・ディレクションに着任。「ボス」と「ヒューゴ」のクリエイティブ・ディレクションを統括する。ファルチョーニは15年にヒューゴ ボスに入社。直近では「ボス」メンズのランウエイチームの一員として、アメリカブランド「ラッセルアスレティック(RUSSELL ATHLETIC)」などとのコラボレーションでクリエイティブを担当。ジェンダーレスなアプローチで若年層にアピールするなど、ブランドの刷新をリードしてきた。また、同社初のNFT(非代替性トークン)コレクションのデザインも担当した。

 さらに3月1日から1年間、アンドレア・カンネローニ(Andrea Cannelloni)がクリエイティブ・アドバイザーとして復帰する。カンネローニは08年までの約10年間、ヒューゴ ボスでさまざまなクリエイティブ部門を担当。カジュアルライン“ボス オレンジ(BOSS ORANGE)”を立ち上げ、スポーツライン“ボス グリーン(BOSS GREEN)”を成長させた人物だ。ヒューゴ ボスを離れたあとは20年まで、VFコーポレーション(VF CORPORATION)傘下の「ナパピリ(NAPAPIJRI)」のCEOを務めていた。

 グリーダーCEOは、「トレンドに対する絶対的な感覚を持ち、若年層のマインドや要求を的確にとらえるファルチョーニはコレクションをいっそう発展させ、カンネローニはカジュアルラインとアスレジャーラインのビジネスを本格化させる上で、大きな役割を担ってくれるだろう」と述べる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら