ビジネス

西武渋谷店のD2C集積売り場は9月2日オープン アルカの辻愛沙子がディレクション

 そごう・西武は、西武渋谷店パーキング館1階にオープン予定の“メディア型OMOストア”「チューズベース シブヤ(CHOOSEBASE SHIBUYA)」の開業日が、9月2日に決まったと発表した。また、社会派クリエイティブを掲げ、広告ディレクションや商品プロデュースを手がける辻愛沙子アルカCEOや、ホテルプロデューサーの龍崎翔子氏が同売り場のディレクションや空間設計を担当することも公表した。

 同売り場は半年ごとに編集テーマを設け、テーマに沿うD2Cブランドを集積。立ち上げ時は「タイムリミット」をキーワードに、サステナビリティ意識の高い50社のビューティ、ファッション、食などのブランドが出店予定だ。「モノを買うのではなく、気づきや賛同、応援を入り口に、“意味に出合い、意志を買う”という次世代の店舗のあり方を提案」(発表資料より)することを目指す。

 同売り場は、そごう・西武の担当者と社外メンバーとのオープンイノベーションのような形で開発を進めており、アルカの辻CEOはコンセプト策定、空間ディレクションなどを担当。「ホテル シー(HOTEL SHE,)」などを手掛ける龍崎氏は“メディア型OMOストア”としての体験・空間演出を担う。ほかに、カスタムオーダーウエアのファブリック トウキョウの森雄一郎社長、元メルペイの取締役最高プロダクト責任者で、キャッシュレスカフェを運営するカンカクの松本龍祐社長らがチームに加わっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら