ファッション

「ディオール」の“ブックトート”“レディ ディオール”がポップカラーに 夏限定コレクションのビジュアルに新木優子やemma

 「ディオール(DIOR)」は、マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)=アーティスティック・ディレクターが手掛けたサマー カプセル コレクション“ディオリビエラ”を「ディオール」直営店や公式オンラインストア、阪急梅田本店のポップアップストアで発売した。

 同コレクションは、アイコニックなモチーフ“トワル ドゥ ジュイ”や“ディオール オブリーク”を用いたバッグ“レディ ディオール”や“ブックトート”のほか、ポンチョやサンダルなどをシャルトルーズやラズベリーの夏らしいポップなカラーリングで再解釈した。価格は2万9150円〜56万1000円(税込)。イメージビジュアルには、同コレクションを身にまとったジャパンアンバサダーの新木優子をはじめ、emma、山田優、佐藤晴美、ミチが登場する。

 また同コレクションの発売に合わせて、インスタグラムやスナップチャット、フェイスブックなどで使用可能なARフィルターを製作した。アイテムに描かれた“トワル ドゥ ジュイ”の動植物が鮮やかなカラーで映し出され、動き出す仕掛けだ。さらに、“ディオールクラブ”サンバイザーもARで試着可能だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら