ファッション

宇川直宏の「ドミューン」が心斎橋パルコと3日間の特別番組 ファッション、音楽、カルチャーを語り尽くす

 パルコ(PARCO)は心斎橋パルコの開業を記念し、“現在美術家”の宇川直広が主宰するライブストリーミングチャンネル「ドミューン(DOMMUNE)」とコラボしたプログラムを配信する。12月11~13日までの3日間、渋谷パルコ9階にあるスタジオ、スーパー ドミューン(SUPER DOMMUNE)から無観客で生配信する。

 12日19時から23時30分は、「FASHION NEW NORMAL ~ニューノーマルにおけるファッションのデジタルとの横断、フィジカリティーの復権~」と題し、宇川が向千鶴「WWDジャパン」編集長と落合宏理「ファセッタズム(FACETASM)」デザイナーを迎えたトークショーを行う。

 13日19時から23時は、「『PARCO』と『立花ハジメ』と日本のオルタナティヴ・カルチャー Vol 2」と題し、立花ハジメ、CORNELIUSの小山田圭吾、スケートシング(SKATE THING)、写真家の田島一成によるトークショーのほか、HmとCORNELIUSが音楽ライブを実施する。

 なお11日は、音楽プロダクションWACKの心斎橋パルコでの初展覧会「SCHOOL OF WACK」の開催前夜祭として、特別番組を放送した。展覧会の全貌を紹介しつつ、発売商品などをWACK所属のアーティスト、BiSHのメンバーが発表した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら