ファッション

「ランバン × アルカンターラ」ランウエイショーをデジタル上で公開 高橋幸宏氏のオリジナル楽曲も披露

 「ランバン(LANVIN)」のセカンドライン、「ランバン コレクション(LANVIN COLLECTION)」と「ランバン オン ブルー(LANVIN EN BLEU)」は、イタリアの素材メーカーのアルカンターラ(ALCANTARA)とのコラボコレクションをデジタル上で10月8日18時に公開する。同コレクションはランウエイ形式で行われ、両ブランドの公式インスタグラムとアルカンターラの公式ユーチューブチャンネルで視聴可能だ。同コレクションで披露されるメンズアイテムは両ブランドの直営店や一部百貨店で10月9日に発売する。

 ショー全体の制作総指揮と音楽の制作はミュージシャンの高橋幸宏氏が手掛けた。今回のために特別に書き下ろしたというオリジナル楽曲は、特徴的な生地の素材感を重視したコレクションに着想を得て、ミニマルなテイストと高橋氏の独特な世界観で構成した。さらに過去の自作曲をシーンごとに盛り込むなどのサプライズも見せる。また監督にドラマ「SPEC」のタイトルバックで知られる岩口哲也氏を、映像にはデビットワッツの竹川潤一氏を迎えた。

 なお今回のランウエイショーでは全28体のルックを用意した。スタイリングは祐真朋樹氏が担当し、落ち着いたカラートーンが特徴の両ブランドとは対象的に、個性的なモデルのキャスティングから、パンツの丈の調整やボタンのかけ方、襟の立て方の細かな部分までを行なった。また素材をより引き立たせる為に、今回特別に作られたボリューム感のあるバルマカーンコートとケープのデザインと製作ディレクションも手掛けており、フィナーレでは全モデルが両アウターを着用して登場する。そのほか、ブランドを象徴する“ダブルJLマーク”をプリントしたジャケットやコート、スーツ、メタリックのラミネートプリントを施したドレスやジャケット、プリーツ加工されたドレスなどを披露する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら