ニュース

「マメ」初のベビー&キッズアイテムが伊勢丹新宿本店で発売

 「マメ(MAME KUROGOUCHI)」は2月19~25日、2020年春夏アイテムを販売するポップアップイベントを伊勢丹新宿本店本館1階ザ・ステージで開催する。

 “家族”をテーマにしたイベントでは、ブランド初のべビー&キッズアイテムを発売。春夏コレクションにも登場したフラワープリントの限定ワンピースやTシャツ、アイコニックなレースを袖に施したブラックドレスなどを、ウィメンズとガールズサイズでラインアップする。またスタイ&おくるみセットや、親子兼用で使える新型のPVCバッグなどもそろえる。

 期間中は、今季コレクションのテーマ“Embraces(包む)”をイメージした限定のお菓子も販売。商品購入者には、イベントオリジナルのショッピングバッグを先着順でプレゼントする。

 尚、限定アイテムは20日10時から、三越伊勢丹のオンラインストアでも販売する。

村上杏理:1986年、北海道生まれ。大学で日本美術史を専攻し、2009年にINFASパブリケーションズ入社。「WWDジャパン」記者として、東京のファッション・ウイークやセレクトショップ、販売員取材などを担当。16年からフリーランスで、ファッションやライフスタイル、アートの記事執筆・カタログなどを手掛ける。1女児の母

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら