1. ノートルダム大聖堂の火災 「ディオール」や「グッチ」のデザイナーが思いや心痛を語る

ノートルダム大聖堂の火災 「ディオール」や「グッチ」のデザイナーが思いや心痛を語る

コラム 社会情勢

2019/4/17 (WED) 10:00

 4月15日の夕方(現地時間)にパリ・ノートルダム大聖堂(Notre Dame Cathedral)で発生した火災は、同16日未明に鎮火した。世界的な文化遺産での大きな災害に対して、多くのデザイナーが思いをつづっている。

マリア・グラツィア・キウリ
(Maria Grazia Chiuri)
「ディオール(DIOR)」
アーティスティック・ディレクター

 ノートルダム大聖堂が燃え上がっているイメージを忘れることはないだろう。私たちは現代に生きているが、全体としての記憶や個人的な歴史の基準点となる存在が必要だ。かの大聖堂は永遠の記念碑であり、歴史的に重要であるばかりでなく、私たちの感情と結びついている。今日は大きな悲しみに包まれているが、文明の偉大な記念碑に対して世界中の人々が思いを示してくれたおかげで、いくぶんか気持ちが和らいでいる。

アレッサンドロ・ミケーレ
(Alessandro Michele)
「グッチ(GUCCI)」
クリエイティブ・ディレクター

 多くの人々と同様に、私もパリで撮った思い出の写真がある。私と妹、そして母がノートルダム大聖堂の前でポーズを取っているものだ。パリを歩くと、どこからでもノートルダム大聖堂が目に入る。今回起きたことを、とても悲しく思う。悲劇的な映像を見るのはつらかったが、何時間もテレビの前を離れられなかった。ノートルダム大聖堂はパリの象徴であり、抵抗の象徴でもある。何世紀にもわたって攻撃され、盗まれ、破壊されてきたが、常に生き延びて以前よりも堂々たる姿でよみがえってきた。今回も、そうであることを願っている。

ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)
「ラルフ ローレン」
エグゼクティブ・チェアマン兼
チーフ・クリエイティブ・オフィサー

 ノートルダム大聖堂の火災のような悲劇的な出来事があった時、人は自分がどこで何をしていたかを覚えているものだ。私はデザインミーティングの最中だったが、フランス人のチームメンバーが「ノートルダム大聖堂が燃えている!」と悲鳴のような声を上げた。私たちは彼女のスマートフォンで、何世紀にもわたってパリの象徴であり続けた建物の尖塔が崩壊する様子を見つめた。フランスやパリにいる友人や同僚たちの心情を思うと、その後で仕事に戻るのは難しかった。私たちの思いは彼らと共にある。ノートルダム大聖堂が灰の中からよみがえり、確固たる信念や回復力を持つフランスの人々はもちろんのこと、かの大聖堂の美しさや歴史に心打たれた世界中の人たちを勇気づけてくれるものと確信している。

マーク・ジェイコブス
(Marc Jacobs)
「マーク ジェイコブス」デザイナー

 17歳の時に初めてパリを訪れ、いっぺんで恋に落ちた。私はここで生まれるべきだったと思うほど、心が休まった。初めて訪れる者がみんなそうであるように、私は何日もただパリの街を歩き、あらゆる素晴らしい建造物や記念碑を見て回った。ノートルダム大聖堂はパリの象徴の一つであり、力強く壮大な存在だ。今回のニュースはひどく悲劇的で、燃えている姿を見るのは本当につらかった。LVMHと同社を率いるベルナール・アルノー(Bernard Arnault)会長兼最高経営責任者が、この素晴らしく美しい大聖堂の修復に多大な貢献をするべく立ち上がったことに心からの敬意を表する。

ジョナサン・アンダーソン
(Jonathan Anderson)
「ロエベ(LOEWE)」
クリエイティブ・ディレクター

 パリのオフィスから炎と煙が見えた。この街は第二の故郷のような存在なので、パリの象徴が破壊されていくのを見るのはとても悲しかった。パリの風景はもう二度と同じものになることはないだろう。

ピエールパオロ・ピッチョーリ
(Pierpaolo Piccioli)
「ヴァレンティノ(VALENTINO)」
クリエイティブ・ディレクター

 ノートルダム大聖堂の火災に心が痛み、正気ではいられない思いだ。あの計り知れないほど貴重な存在からほんの数ブロック離れたところに、私の比喩的な意味での第二の家がある。私の中世に関するイマジネーションや世界観はかの大聖堂の中で守られており、いかなる火災もそれを破壊することはできない。“私たちの貴婦人”たる大聖堂が、不死鳥のように素早く、夢のように美しくよみがえることを願っている。私の心は“彼女”と共にある。

トミー・ヒルフィガー
(Tommy Hilfiger)
「トミー ヒルフィガー」デザイナー

 ニュースを聞いてショックを受け、とても悲しく思っている。あれほど貴重な文化遺産が破壊されてしまったことが信じられない。フランスなどのビジネスリーダーが修復に乗り出していると知って安堵した。2019年に起きたこの悲劇的な火災を人々が忘れることはないだろう。

リカルド・ティッシ
(Riccardo Tisci)
「バーバリー(BURBERRY)」
チーフ・クリエイティブ・オフィサー

 息をのむほど美しく、歴史的にも宗教的にも重要なノートルダム大聖堂で起きた火災に、とても深い悲しみを覚えている。パリに住んで仕事をしていたので、ノートルダム大聖堂には多くの大切な思い出がある。去年のクリスマスも、家族や友人たちと共に大聖堂でのミサに参列した。あれは私の人生で最も美しく感動的な瞬間の一つであり、ずっと大切にしていこうと思う。影響を受けた全ての人に、そしてこの比類のないモニュメントの修復に時間と労力を捧げている人々に、心からの応援と祈りを送る。

マイケル・コース(Michael Kors)
「マイケル コース」名誉会長兼
チーフ・クリエイティブ・オフィサー

 ノートルダム大聖堂はとても思い出深く、懐かしい場所だ。そして多くの人々に囲まれていても静けさを感じる、世界でも数少ない場所の一つでもある。私がまだ20代だった1980年代に、私たちは映画「パリの恋人」のように、ホテルにチェックインしてすぐにノートルダム大聖堂に向かったものだ。象徴的な建物がまるで古い友人のように感じられるなんて、稀有なことだよ。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

フォーカスランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
ブランド検索
シーズン検索
false false true true true false true true