ビジネス

「コレド室町テラス」オープンに約500人が行列 目玉は「誠品生活」日本1号店

 三井不動産は27日、オフィス・物販・飲食の複合商業施設「コレド(COREDO)室町テラス」(東京・日本橋室町)をオープンした。ガラスの大屋根付き広場が目印の南入り口には約500人の客が並び、10時の開店と同時に施設内へ押し寄せた。

 同施設の目玉は、台湾の大型複合ショップ「誠品生活」日本1号店。開店1時間前から並んだという50代の女性は「『誠品生活』を目当てに来ました。台湾を訪れたとき、こだわり抜かれた商品が並ぶ同店のファンになり、日本に来ると聞いてからずっと楽しみにしていました」と同ショップの上陸をうれしそうに語った。

 開店に先駆けて行われたセレモニーには、同社の菰田正信社長、誠品生活のマーシー・ウー(呉旻潔)董事長、日本橋室町3丁目地区市街地開発組合理事長を務める田中廣タナチョー社長、三井不動産商業マネジメントの青柳雄久社長が登壇し、テープカットを行った。菰田社長は「日本橋の新たな顔として愛される施設になってほしい」と期待を寄せ、ウー董事長は「三井不動産の日本橋のまちづくりの姿勢に共感した。『コレド室町テラス』の一員として羽ばたいていきたい」と語った。

 「誠品生活」は、日本の「蔦屋書店」が参考にしたことでも知られる複合ショップ。「コレド室町テラス」店では、日本と台湾のテナントをミックスしながら書籍などの物販や飲食、ワークショップスペースを構え、多彩な文化情報を発信する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら