フォーカス

ウォルター・ヴァン・ベイレンドンクはなぜ多くの世界的デザイナーを輩出しているのか(後編)

 ウォルター・ヴァン・ベイレンドンク(Walter Van Beirendonck)が8月、新たなファッションコンペティション「ビッグ デザイン アワード(big design award)」のために来日した。ウォルターといえば、自身のブランド「ウォルター ヴァン ベイレンドンク」を手掛ける一方で、アントワープ王立芸術アカデミーのファッション学科の学長も務める。自身もアントワープ王立芸術アカデミーを卒業しており、同校を卒業したデザイナー6人で“アントワープシックス”と呼ばれるなど、80年代から今なお、パリでコレクションを発表し、クリエイションをけん引。指導者としても実績を残しており、多くの世界的デザイナーを送り出している。なぜ、デザイナーとしても指導者としても世界のトップで居続けられるのか。多彩な顔を持つウォルターにデザイナーとして、指導者として、審査員としてなどの話を聞いた。今回は後編。(前編はこちら)

WWD:今のファッションシーンに対して物足りないと思うことは?

ウォルター:まず、「サステイナビリティーが必要だ」という認識だ。今日の消費者の消費の仕方にはショックを受けざるを得ない。毎週新しい服を買うなんてばかげている。消費者がこうした問題を認識することによって、生産する側も働き方を考え直すと思う。これは、ハイブランドにも同じことが言えて、毎シーズン、新しい製品を買うべしとアグレッシブにプッシュしている。現在のそうした文化から方向転換することが可能かどうかは分からないが、いろいろ考え直すことが、現在の過剰な消費からよりノーマルに落ち着いていけるようにする第一歩だと思う。

WWD:それは例えば「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」と「シュプリーム(SUPREME)」のコラボレーションのようなものも指している?

ウォルター:コラボ自体に問題があるわけではない。「ルイ・ヴィトン」と「シュプリーム」のように、クリエイティビティーのために行われるのであれば問題はない。ただ、「これは絶対に手に入れなければならない、マストハブなものだ」と常にあちこちから強く押し付けられ、人々がそれに従ってしまうのを見るといら立ちを覚える。

WWD:クリエイションとビジネスのバランスについてはどう考えている?

ウォルター:重要なのは、クリエイションがない限りビジネスも成立しないということだ。多くの経営側は気付いていないことかも知れないが……。ブランドを運営していく中で、ビジネス面がクリエイティビティーを超えてしまうことがあるが、クリエイティビティーを取り戻さないといずれ立ち行かなくなる。ファッションではその両方ともが重要で、私がマーケティングを批判するのは、それがビジネスとクリエイティビティーを分断してしまうものだから。マーケティングを重視しすぎると、そのバランスが崩れてしまう。

WWD:ウォルターのブランドについても伺いたい。クリエイションの際、その着想源やデザインのヒントはどこから得ている?

ウォルター:あらゆるところからだ。コレクションを作る際は、興味を引かれるものを探して、いろいろ見たり聞いたりするなどのリサーチをする。美術館や展覧会にも行くし、本も読む。あとはインターネット。まずそうして全体的な土台を作り、いろいろと考察を重ね、そこから深く掘り下げていく。

WWD:デザインのヒントを探す中で、苦労することは?

ウォルター:むしろ簡単だったことがない(笑)。時間がかかることだし、興味を引かれるモノが見つからないのでは?という恐怖もある。幸い、いつも何かしら興味を引かれるものが見つかっているが、かなり大変な作業だ。リサーチをして、いろいろ考察しながらストーリーを作り上げていき、その後でスケッチをしていく。(スケッチブックを見せながら)この段階で、全てのことを決めていく。ファブリックはもちろん、メイクアップや髪型も決めるし、いろんなものをどう組み合わせていくかも決める。この作業には数週間かかるが、私自身が全て決めている。仕事のやり方はデザイナーによって千差万別で、例えばウエアのデザインを先に行い、スタイリストがその組み合わせを考えていくというデザイナーも多い。だが、私は自分で全て完成させるのが好きなんだ。

WWD:今回のコレクションのインスピレーション源は?

ウォルター:これは“メルトダウン”コレクションと呼んでいて、世界中で起きている問題や、それによって世界が崩壊していく様子を着想源にしている。溶けていったり、建築物などが壊れていく感じを表現している。また、ファブリックが顔を含めて体全体を覆う感じにしたかった。さまざまな色やパターンを使っている。

WWD:クリエイションのメッセージを消費者に届けるためには何が大事だと思うか?

ウォルター:私自身が伝えたいメッセージやストーリーを消費者に押し付けたいとは思っていない。どちらかというと、プレスやバイヤーと話すためのものだし、例えば「このカラフルな色合いが好きだから」という理由で買ってくれても十分うれしいんだ。政治的なメッセージは常に込められているが、興味がある人たちがいれば喜んで話すよ――というスタンスのものだと思っている。

WWD:ショーを行う重要性とは?

ウォルター:多くの人がファッション・ウイークやショーの存在意義に疑問を投げかけているが、私にとってはとても重要なイベントだ。私はまだこの10~15分間の魔法を信じているから。たった数分に全ての命が吹き込まれて、一つのものになる。そしてその映像や写真によって、私が今シーズンに何をしたのか、どんな作品を発表したのかを世界中の人に知ってもらうことができる。とても大切な瞬間だと思っている。

WWD:長年ファッションショーをやってきて、昔と今とで変わってきたなと思うことは?

ウォルター:大きな違いがある。私の場合、1990年代は多額の予算をかけて2000~2500人に向けてショーを行っていたが、現在はもっと小規模で、親密な雰囲気のショーを開催している。しかしSNSなどの台頭により、ある意味では今のほうが大規模だとも言える。90年代と現在ではコミュニケーション方法があまりにも違うので、もはや比べられないぐらいだ。しかし、ショーのライブ感というのは今も昔も変わっておらず、とても大切なものだと思う。メイクアップをしたモデルが作品をまとい、音楽に乗せてキャットウォークを歩くからこそ生まれるクリエイションがある。それこそがファッションショーの醍醐味で、私がファッションショーを信じている理由だ。

WWD:今注目している若手デザイナーはいるか?

ウォルター:デザイナーがほかのデザイナーと違う存在になるには、独自のはっきりとしたビジョンを持ち続けていることが重要だと思う。トレンドを追ってしまうデザイナーは好きではない。タイミングや、ファッション業界の動きによってアップダウンがあるが、それでも自分らしさを失わずに前進し続けることが重要だと思う。難しい質問だが……、面白いなと思うデザイナーは何人かいる。私のもとでインターンをしていたクレイグ・グリーン(Craig Green)の作品はとても好きだ。だが、こうして好きなデザイナーがいる一方で、あまり努力が見られない退屈な作品だなと思うデザイナーもいる。社会で起きていることに関心がなかったり、自分の可能性を伸ばす努力をしていなかったり。ここで名前を挙げたりはしないけど。