ファッション

三越日本橋本店「売り方革命」の店内を初公開 

 三越日本橋本店は23日夜、あすの第1期リニューアルオープンに先駆けて店内を関係者に公開した。特徴は売り場だけでなく“売り方”の改革に力を入れていること。ブランドや商品の垣根を超えて一人一人を接客するコンシェルジュを約90人配置。デジタルによる顧客データの一括管理に基づくきめ細かいサービスによって顧客満足度を高め、ECと差別化した百貨店ならではの買い物体験を提供する。

 新しい売り方の起点になるのが、各フロアに設けられたパーソナルショッピングデスクだ。例えば3階の婦人服フロアの約120平方メートルのパーソナルショッピングデスクは、顧客の要望を聞くカウンター、カラー診断や骨格診断など専門スタッフが接客するスペース、情報を発信する大型のタッチパネルなどで構成されている。コンシェルジュがブランドや服、バッグ、シューズ、アクセサリーなどの横断型の提案を行う。

 さらに顧客のリクエスト次第では食やリビングなどの他のフロアのコンシェルジュとも連携し、買い回りを促す。コンシェルジュは専用のスマートフォンのチャット機能を使って、顧客の要望を他のフロアのコンシェルジュに素早く伝える。同店の営業推進担当者は「1つのフロアで客単価を上げるのは限界がある。フロアを超えて買い回っていただくことで、百貨店の品そろえのポテンシャルを最大化できる」と解説する。実際に春からの試験運用では、コンシェルジュが接客した顧客の客単価は7倍に跳ね上がっているという。

 24日のリニューアルオープンと同時に、コンシェルジュのサービスなどを予約する専用ウェブサイトを開く。ハウスカードであるMIカードの会員やEC利用者とも連携し、購買履歴などのデータを一元管理することで、“顧客カルテ”を作り、データに基づいたきめ細かい提案を行う。

 また5階フロアの奥には優良顧客のための専用ラウンジを設けた。外商顧客のラウンジとは別に、年間300万円以上の買い物をする優良顧客を特別な空間とサービスでもてなす。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。