ニュース

「カルティエ」 vs 米百貨店サックス・フィフス・アベニュー 改装に伴う移設問題で訴訟合戦に

 「カルティエ(CARTIER)」は3日、米百貨店のサックス・フィフス・アベニュー(SAKS FIFTH AVENUE以下、サックス)を相手取り、マンハッタン旗艦店のリモデルに伴う「カルティエ」の売り場移設は損害を与えるとして4000万ドル(約45億2000万円)相当の損害賠償請求などを日本の地裁にあたるニューヨーク州最高裁判所に申し立てた。これに対してサックスは5日、「カルティエ」が立ち退かないことで生じた5500万ドル(約62億1500万円)相当の損害賠償を求めて反訴した。

 サックスは2億5000万ドル(約282億5000万円)をかけてグラウンドフロア(1階)にあるファインジュエリーの売り場を地下階への移転を目指している。金庫を意味する“ザ・ボルト(THE VAULT)”と名付けたフロアは2019年にオープン予定。“ザ・ボルト”とメーンフロア、メーンフロアとその上階にあるビューティのフロアをつなぐエスカレーターを新規に建設中だ。

 「カルティエ」は、グラウンドフロアという立地を重要視していることから地下階への移設を拒否している。16年10月に5年間のリース契約を更新した理由も、現在の場所が店内の“特別に選ばれた場所”で、トラフィックの量やセキュリティ、物流、ブランドの存在感含むビジビリティーなどを総合して考えた時に最適な場所であり、今後フロアを改装しても「カルティエ」の立地は変わらないとサックスの幹部に繰り返し言われていたという。また、訴状によると「サックスの要求は『カルティエ』が現在の場所で営業する権利を侵害し、信義則と公平性に違反している」と主張する。

 「カルティエ」が繰り返し移設要求を拒否したところ、移設に応じなければ10月13日までに退去するよう記載された警告書が届いたという。「カルティエ」は損害賠償請求と合わせて、この警告書の効力を否定するよう裁判所に求めている。

 これに対してサックスは、両社が結んだ契約には、サックスの店舗計画を遂行するための契約解除規定が含まれていると主張。現在「カルティエ」がある場所には、ラグジュアリーハンドバッグブランドが入る予定で、「カルティエ」が立ち退かないことでニューヨーク・ファッション・ウイーク中(9月5~12日)に完成する予定だったグラウンドフロアの改装に遅れが生じ、これに伴うコストの増加と販売機会の損失が発生したと主張する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら