ファッション

名前や好きな言葉をジュエリーに ユニット&ゲストがハンドメードジュエリーの輸入・販売を開始

 ユニット&ゲストは2017年春夏からフランスのハンドメードジュエリーブランド「アトリエ ポーラン(ATELIER PAULIN)」の輸入・販売を開始する。「アトリエ ポーラン」は、「感情に形を与えるジュエリーを生み出す」というコンセプトで、ハンドメードジュエリーを提案している。定番の“happy”“merci”“smile”“rose”に加え、オーダーも受け付け、コレットやメルシー、ル・ボンマルシェで人気を集めている。

 クリスマスシーズンなどのギフト需要が高い時期には、ポップアップショップをオープンし、名前や言葉などのオーダーを受けてから制作し販売している。ル・ボンマルシェでは、3平方メートルの売り場で45日間ポップアップショップを開催し、12万ユーロ(約1400万円)を売り上げた。

 ユニット&ゲストは、定番アイテムのブレスレットから輸入・販売を始めるが、ゆくゆくは職人を招き、ポップアップショップも開く予定だ。価格は5文字までで、ゴールドプレートが1万9000円、シルバーで2万3000円、14kで3万4000円、18kが16万5000円。

 「アトリエ ポーラン」はアンソフィー・バレが14年に立ち上げたブランドで、ビジネスパートナーを務めるマティアス・ラヴォーとともに、手作業で作り上げていくワークショップスタイルのジュエリーを確立した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら