サステナビリティ

「パタゴニア」が自社製品の中古ウエアなどの買い取りを開始

パタゴニア(PATAGONIA)は、「ウォーン ウエア(WORN WEAR)」プログラムを通じて、不要になったパタゴニア製品の買り取りを開始する。買り取り対象製品は、機能に問題がないパタゴニアの中古のウェアやラゲッジ、アクセサリーと幅広い。「製品を作り販売する企業の責任として、衣類やギアの寿命を延ばし、循環性を高める」のが狙いだ。同ブランドによると「新品を買わず、すでに所有している衣類の寿命を9か月間延ばすことにより、炭素排出、廃棄される物、そして水使用のフットプリントをそれぞれ20~30パーセント削減することができる」という。

買い取りはオンラインから申し込みを受付け、検品・査定後、製品の状態に応じた見積りを連絡し、支払い金額を確定後、現金で支払う。また同プログラムで集まった中古のウェアなどは、パタゴニア 東京・渋谷ストアで期間限定で販売をするほか、その後もパタゴニアの直営店での販売を予定している。買い取り業務は委託先のティンパンアレイが行う。

ポップアップでは、パタゴニア製品の中古ウェアの販売のほか、中古ウェアを組み合わせ、修理を施しリメイクした「リクラフテッド(RECRAFTED)」製品も販売。修理して長く着続けることのストーリーの展示や、週末にはリペアイベントを開催する。

▪️「ウォーン ウエア」ポップアップストア パタゴニア東京・渋谷
期間:2024年5月24日(金)~ 8月4日(日)
営業時間:11:00~19:00
定休日:毎月第3水曜日
会場:パタゴニア 東京・渋谷 
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-16-8

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。