ニュース

エスティ ローダーが韓国ビューティ企業の株式を取得

 エスティ ローダー カンパニーズ(ESTEE LAUDER COMPANIES)は、ソウルを拠点とする韓国のビューティ企業、ハブ&ビー(HAVE & BE)の株式を取得することで合意した。取得株式数などの詳細は明らかになっていないが、契約締結は12月を予定している。

 ハブ&ビーは、スキンケアブランドの「ドクタージャルト(DR. JART+)」や「ドゥ・ザ・ライト・シング(DO THE RIGHT THING)」などを傘下に持つビューティ企業。「ドクタージャルト」は、皮膚科学とアートを組み合わせた商品開発が特徴で、ミレニアル世代を中心に幅広い顧客を取り込めるという。

 ファブリツィオ・フリーダ=エスティ ローダー カンパニーズ社長兼最高経営責任者(CEO)は、「韓国で最も信頼でき、急成長を遂げているスキンケアブランドと提携することは、我が社にも商機をもたらす」とコメント。

 「ドクタージャルト」は、BBクリームヒットの火付け役としても知られ、モイスチャライザーやクレンザー、マスク、セラムを主にそろえる。現在、アジア地域や米国の百貨店をはじめ、セフォラを含むeコマースなどで幅広く販路を拡大している。

【関連記事】

エスティ ローダーが韓国コスメ2ブランドを買収か

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら