ファッション

「スターバックス」と「ポーター」が初コラボ コーヒー豆の形状のドラムバッグなど全10アイテム

スターバックス コーヒー ジャパンは、「ポーター(PORTER)」との初のコラボアイテムを、6月21日に「スターバックス(STARBUCKS)」公式ECサイトで発売する。ドラムバッグとステンレスボトルの全10アイテムをラインアップし、同社が力を入れるタンブラー利用の推進につなげる狙いだ。

ドラムバッグ(大3万8000円、小2万9000円)は、底面がコーヒー豆のような形状で、内装にはボトルが出し入れしやすいポケットを備える。ステンレスボトル(4990円)は、それぞれのブランドを象徴するブラック、オレンジ、ホワイトで企画した。全10アイテムのうち3アイテムは、中目黒の大型店舗「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」とのコラボ商品だ。同店のインテリアをモチーフにしキャメルのレザーを用いたバッグ(4万6000円)と、豆の貯蔵庫のイメージしたボトル(6000円)2種をそろえ、ECサイトに加えて同店でも取り扱う。また、「ポーター」表参道店と東京ミッドタウン八重洲店では21〜30日の期間、すべての商品をそろえたポップアップストアを開催する。

スターバックスは、使い捨てカップ削減に向け、タンブラー利用を推進する。これまでもより多くの人にタンブラーを生活に取り入れてもらうため、持ち運び可能なシリコン製のストローや、ボトルホルダーなどのオリジナルアクセサリーの開発にも取り組んできた。今回のコラボはスターバックスのサステナビリティへのビジョンと、日本製にこだわり長く愛用されるモノづくりを続ける「ポーター」の思いが重なり実現に至ったという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。