ファッション

大阪文化服装学院と在庫処分企業ショーイチがコンテスト型プログラム 若者と大人でファッションを考える

 大阪文化服装学院と、廃棄衣料を再活用するショーイチ(大阪、山本昌一代表)は、ファッションを再考・再価値化するコンテスト型プログラム「リシンク ファッション プログラム(Rethink Fashion Program)」 を今秋立ち上げる。

 同プログラムは、誰でも参加できる講義とコンテストの2部構成。大阪文化服装学院と、廃棄衣料を含む在庫処分サービスを長年行ってきたショーイチが協業することで、若者と大人が共にファッションを取り巻く現状を“再考する”機会を作ることが目的だ。実施期間は10月〜2022年1月を予定している。

 講義は週1回で、全5回。ファッション業界における課題や、サステナブルファッションに関する情報、廃棄衣料の活用の実践者からの講義を受講できる。参加費は学生が無料、社会人は1回2000円。

 コンテストの応募には、講義プログラム2回以上の参加が必須となる。チームを組んで作品作りとアイデアを発表し、選考委員が審査する。プログラム部門と学生部門の2部門を設け、コンテスト賞金はそれぞれ5万円を予定する。講義チケットはピーティックス(Peatix)から取得可能で、コンテストには応募フォームから10月11~11月7日にエントリーができる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら