フォーカス

環境にいい素材を知る

 「WWDジャパン」では、“透明性”をテーマに8月から毎月1回、7号にわたりサステナビリティ特集を企画しています。11月23日号では「環境に配慮した原料や素材」にフォーカス。環境への負荷が高いと指摘されているファッション産業ですが、負荷軽減の鍵の一つに素材選びがあります。アパレルやフットウエアができるまでのCO2排出量や水質汚染、水やエネルギー使用量といった環境への負荷を数値化した場合、約6~8割が原材料生産から素材になるまでといわれているからです。では環境に配慮した素材とはどういうものでしょうか。テキスタイル&アパレルメーカーの取り組みを紹介します。