特集・連載

環境にいい素材を知る

 「WWDジャパン」では、“透明性”をテーマに8月から毎月1回、7号にわたりサステナビリティ特集を企画しています。11月23日号では「環境に配慮した原料や素材」にフォーカス。環境への負荷が高いと指摘されているファッション産業ですが、負荷軽減の鍵の一つに素材選びがあります。アパレルやフットウエアができるまでのCO2排出量や水質汚染、水やエネルギー使用量といった環境への負荷を数値化した場合、約6~8割が原材料生産から素材になるまでといわれているからです。では環境に配慮した素材とはどういうものでしょうか。テキスタイル&アパレルメーカーの取り組みを紹介します。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら