1. パリコレ一番の熱気は「オフ-ホワイト」にあり

パリコレ一番の熱気は「オフ-ホワイト」にあり

コラム コレクション・レポート

2018/3/12 (MON) 13:00

 パリコレが終わり、振り返ってみると一番熱気を感じたのは「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH以下、オフ-ホワイト)」でした。ショー前には「クロムハーツ(CHROME HEARTS)」や「ナイキ(NIKE)」とのコラボ商品をパリで発売し、ショー後には香水ブランド「バレード(BYREDO)」のベン・ゴーラム(Ben Gorham)との新プロジェクト「エレベーター ミュージック(Elevator Music)」を立ち上げ、話題をさらいました。

 パリコレ期間中にはギャラリー・ラファイエット(GALERIES LAFAYETTE)の中央吹き抜け広場でコラボシューズのポップアップショップを開いていて、外壁にも大きく「ジミー チュウ(JIMMY CHOO)」とのコラボポスターが飾られていました。ル・ボン・マルシェ(Le Bon Marche)でもカフェ付きのポップアップストアを開き、オーガニックフードの「ワイルド アンド ザ ムーン(WILD & THE MOON)」とコラボして、スーパーフードを使ったドリンクやフードを提供していました。老舗百貨店2店舗で同時に大規模な企画を行い、ここでも勢いを感じました。

 また、あらゆるブランドのショー会場で「オフ-ホワイト」を着用している人を見かけました。ブランドのショー当日、カンボン通りの会場にはブランドの服を着用した若者が招待状を持たずに入場しようと押しかけていました。そのため、招待客がなかなか入れず、人が倒れるなど大混乱が起こっていました。人だかりが道を埋め尽くし、警察官が歩行者と車を誘導。やっとのことで入った会場は、まるでライブ会場のように湯気が見えるくらいの混雑ぶりでした。

 コレクションの女性像は、ニューヨークのウエストヴィレッジに住む“じゃじゃ馬娘”(笑)で、裕福でパーティー好きだけど、週末には乗馬を楽しむ一面を持つお嬢さまです。そんな彼女のためのエレガントに見えつつ肌見せするアイテムと、乗馬にインスパイアされたスポーティーなアイテムをミックスしています。テイストのバリエーションは幅広く、ロゴ入りTシャツなどの“カジュアル”、ボディースーツなどの“スポーティー”、テーラードスーツの“クラシック”、イブニングドレスの“フェミニン”の4つの軸に分けることができます。

 “クラシック”で目に留まるのは、テーラードのジャケットやドレスにジャカードで施されたり、デニムの上にプリントで表現された乗馬する人々の柄。よく見てみると、背中には「オフ-ホワイト」のロゴが配されています。クラシックなチェックのコートとスーツに入れた“3”の数字のワッペンも騎士からイメージしています。“フェミニン”なセクションのダブルフェイスのカシミヤケープは、職人の手作業でまつり縫いが施されていて、数十万円するとても贅沢な一品。“スポーティー”のタイトなニットドレスも豊作で、シルエットがとてもきれい。実は有名ラグジュアリー・ブランドと同じ工場で生産しているそうです。

 「オフ-ホワイト」といえば、“ストリート”の印象が強いかもしれませんが、前シーズンの「ジミー チュウ」とのコラボを見て分かるように、シーズンごとにエレガンスの割合も強くなってきています。セールス担当者の話によると、デビュー当初からドレスは作り続けているとのことですが、ファーストルックからドレスだった昨シーズンは特にその印象を強くしたと思います。

 今季もバッグ&シューズの新型がたくさん登場していました。特に人気が出そうなのは、イタリアのスーパーマーケットにある赤いショッピングバッグから着想したという大きなトートバッグ。ハンドル部分がマグネットになっていて、大きく口が開くのが特徴。かなりの容量で旅行にもぴったりです。シューズは “FOR RIDING”の文字を載せたジョッキーブーツをはじめ、スカーフ付きのヒールシューズ、スポーティーなスニーカーなど種類豊富にラインアップしていました。

READ MORE 1 / 1 「オフ-ホワイト」はどこの資本か

 記者自身を含め「オフ-ホワイト」がどこの資本で、どんなチームが動かしてるのかを知らない人は多い気がしました。「オフ-ホワイト」は、イタリアのニューガーズグループ(New Guards Group 以下、NGG)のブランドです。NGGは12年にマルセロ・ブロンと、ミラノの人気セレクトショップ「アントニオ―リ(ANTONIOLI)」を運営するクラウディオ・アントニオーリ(Claudio Antonioli)、ミラノ発のカジュアルブランド「ヴィンテージ55(VINTAGE 55)」のダヴィデ・デ・ジリオ(Davide De Giglio)の3人が共同出資して設立され、「マルセロ・ブロン カウンティ・オブ・ミラン(MARCELO BURLON COUNTY OF MILAN」や「パーム・エンジェルス(PALM ANGELS)」などのブランドを傘下に持っています。13年にマルセロがヴァージルを誘いNGGの資本で「オフ-ホワイト」がスタートします。同社はわずか設立5年で社員300人以上の企業へと急成長しています。チームは30代が中心で意思決定が速く、コラボレーションを続々と実現しています。イタリアの会社ではありますが、関わっているマルセロはアルゼンチン人、ヴァージルはアメリカ人と、インターナショナルであることもポイントです。

 ヴァージルは建築家やグラフィックデザイナーやDJとして活躍していたスラッシャー(たくさんの肩書を持つクリエイターのこと)で、特にカニエ・ウェスト(Kanye West)のファッションアドバイザーやクリエイティブ・ディレクターとしても有名でした。なので、カニエの妻でセレブリティーのキム・カーダシアン(Kim Kardashian)をはじめ、彼女の姉妹のケンダル(Kendall Jenner)やカイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)らも「オフ-ホワイト」をたびたび着用。今季のショーでも彼女たちの親戚であるベラ・ハディド(Bella Hadid)がファーストルックモデルとして登場していました。そんな今アメリカで一番のファッションアイコンである家族の熱いサポートもあり、メディアでの露出度はきわめて高いのです。

 ブランドはロゴTシャツからスタートしているように、ヴァージルのグラフィックデザイナーならではの色彩感覚やタイポグラフィーのデザインセンス、ヨーロッパを中心にしたクオリティーの高いモノ作りも特徴です。ロゴも変化していて、毎シーズン新たなバージョンにアップデートされています。

 パリコレ中にバイヤー、スタイリスト、ジャーナリストなどさまざまな業界人の方と話しをする機会があり「オフ-ホワイト」について聞いてみましたが、まだブランドに対する評価は高くありません。しかし、確実に多くのミレニアル世代をとりこにしていますし、「WWD JAPAN.com」のニュースでも「オフ-ホワイト」のネタが毎週のように上がっていて、話題は絶えません。3月16日~4月1日からは村上隆のカイカイキキギャラリー(Kaikai Kiki Gallery)で初の個展が開催されます。今後も「オフ-ホワイト」から目が離せなくなりそうです。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

フォーカスランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. PICKUP

    「MSGM」がキャプテン翼のアイテム披露 「イタリアではみんなが大好き」

    Created with Sketch.
    コラムアニメ・マンガ企業タッグコレクション・レポート
  2. PICKUP

    女性編集長がメンズの祭典「ピッティ」で語るクラシコイタリアへのLOVE

    Created with Sketch.
    ファッション&ビューティ業界人コラム雑誌・書籍・媒体
ブランド検索
シーズン検索
false false true true true false true true