フォーカス

「トーガ プルラ」19-20年秋冬はスポーティーなカウガール!? 「アウトドアプロダクツ」とのコラボはヒット確実

 古田泰子デザイナーによる「トーガ プルラ(TOGA PULLA)」の2019-20年秋冬展示会にお邪魔してきました。今シーズンは、ブランドがもともとシグネチャーとするウエスタンのムードに、スポーツ要素を掛け合わせています。注目は、ブランドとして初めてダウンアウターを企画した点。「アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)」や「リー(LEE)」とのコラボ商品も話題になりそうです。

 スポーツは、「トーガ(TOGA)」の19年春夏でフォーカスしていた要素でもあります。「トーガ」ではトレンドど真ん中のサイクリングパンツに、プリントでブランドらしい毒っ気をミックスしていたのが目をひきました。(余談ですが、先日バッタリ会った新宿の某有力百貨店のバイヤーが、「今春夏の『トーガ』はいつも以上に好調ですよ~」と話していました。)「トーガ プルラ」19-20年秋冬にはサイクリングパンツはありませんでしたが、軽快な気分が共通するショーツやミニスカートが充実しています。ここ数シーズン、ウィメンズのボトムはひざ下丈が中心だったので、ミニが戻ってくるのは新鮮です。他、透け感のあるエレガントなブラウスも、フードやドローコードを付けてアウトドアムードに仕上げていました。

 ダウンアウターには、ハイブリーチのデニムや見る角度によってビカビカと光る生地など、通常はダウンにはあまり使わない素材を使用。そういったちょっとエキセントリックな感覚が、まさにこのブランドらしさと言えます。毎シーズン、重ね着しているように見えるアウター(トレンチコート×ライダースジャケット風など)が「トーガ プルラ」では人気ですが、もちろんダウンでも重ね着風を出しています。ウエスタンシャツの切り替えも取り入れていて、見れば見るほど心にくい!

 「アウトドアプロダクツ」とのコラボでは、ウエスタン調の刺しゅうが主張するバックパックやトートバッグ、ポシェットなど5型を企画していました。「リー」とはデニムのウエスタンシャツを企画。そういった流れから、人気のシューズラインでもカウボーイブーツをロングとショートで出しています。スニーカーソールを付けたネオプレン(ダイバースーツの素材)のブーツも、なんとなくカウボーイブーツを感じる切り替えにしていて、ウエスタン×スポーツを体現していました。