ファッション

ポーラ美術館で「エミール・ガレ 自然の蒐集」展を開催

 ポーラ美術館(POLA MUSEUM)で3月17日~7月16日、「エミール・ガレ 自然の蒐集(Emile Galle NATURAL COLLECTION)」展が開催される。エミール・ガレ(Emile Galle)はアール・ヌーヴォーが流行した19世紀末に活躍したガラス工芸の第一人者だ。自然界のモチーフを用いたガレの作品は幻想的で、日本にもファンが多い。

 同展では、ポーラ美術館のコレクションから厳選した60点の作品に、長野県諏訪市の北澤美術館や東京のサントリー美術館など国内の美術館の作品を加えた約130点を展示。さらに、クロード・モネ(Claude Monet)やオディロン・ルドン(Odilon Redon)などの絵画と併せて展示し、時代背景や当時の芸術運動が理解できるようになっている。初期のエナメルで彩色した作品から、昆虫や植物、クラゲやヒトデなどのモチーフを用いたもの、人間の内面的な苦悩を表現する象徴主義の晩年の作品など、作風の変遷もたどることができる。

 会期中には、さかなクンや植物店である叢(くさむら)の小田康平・代表によるトークイベントなども開催。5月3~6日は“ガレ・ウイーク”と銘打ち、家族で楽しめるイベントを多数行う。期間中の小中学生の入場は無料だ。

■エミール・ガレ 自然の蒐集
会期:3月17日〜7月16日
会場:ポーラ美術館
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚1285
入場料:大人1800円 / シニア割引(65歳以上)1600円 / 大学・高校生1300円 / 中学・小学生700円

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら