ファッション

「ノア」から反ナチス同盟の“Love Music, Hate Racism”に着想を得たコレクションが登場

 2015年まで「シュプリーム(SUPREME)」でデザイン・ディレクターを務めていたブレンドン・バベンジン(Brendon Babenzien)が手掛ける「ノア(NOAH)」から、反ナチス同盟(Anti-Nazi League)が掲げる“Love Music, Hate Racism(人種差別を嫌い、音楽を愛す)”に着想を得たコレクションが登場した。フーディー(1万8500円)とロンT(7000円)をそろえ、どちらも反ナチス同盟を象徴する矢と“NOAH”の文字が前身頃に、“Anti Nazi League”の文字がスリーブにあしらわれている。カラー展開はフーディーがレッドとグレー、ロンTがホワイトとイエロー。

 ブレンドン・バベンジンは、環境問題や人種差別などの社会情勢に向き合う人物として知られ、ブランドのインスタグラムにはこれまで、製造コストと生産地を公開するチャートや、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領政権の「ほぼ全ての沖合で石油・ガスの掘削を許可する方針」へ批判する文章などが投稿されている。

 なお、ブランドの公式サイトには、反ナチス同盟と今回のコレクションに対する思いが綴られた記事と写真、映像がアップされている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら