ファッション

MOMAの永久コレクション”ブロック ランプ“限定カラー

 スウェーデン発インテリア・ブランド「デザインハウス ストックホルム(DESIGNHOUSE STOCKHOLM)」は来年、ブランド設立25周年を記念し、“ブロック ランプ(BLOCK LAMP)”の限定カラー“スモーク”を発売する。“ブロック ランプ”は1997年、フィンランド人デザイナーのハッリ・コスキネン(HARRI KOSKINEN)がデザイン。ガラスのブロックの中に電球を埋め込んだ斬新なデザインで、ニューヨーク近代美術館(MOMA)の永久コレクションにも選ばれた。限定カラー“スモーク”の価格は2万2000円。日本限定500個で、来年2月~3月発売予定。日本の総代理店を務めるアテックスが運営するインテリア・ショップであるアーノット(ARENOT)などで販売する。

 「デザインハウス ストックホルム」は92年設立。スウェーデンをはじめ、北欧出身のデザイナーや建築家によるコレクションを発表し続けている。“デザインの出版社”と呼ばれる同ブランドは、出版社と作家が作品を作り出すようにデザイナーからアイデアを募り、共に考え作り上げる事を重視している。現在「イッタラ(IITALLA)」のクリエイティブ・デザイナーとしても活躍するコスキネンのほか、フィンランドを代表するデザイナーの一人であるティモ・サルパネヴァ(TIMO SARPANEVA)、モーテン・クラーソン(MARTEN CLAESSON)とエーロ・コイヴィスト(EERO KOIVISTO)、ウーラ・ルーネ(OLA RUNE)の3人で構成するスウェーデンのデザイン・ユニットなどが名を連ねる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。