ファッション

MOMAの永久コレクション”ブロック ランプ“限定カラー

 スウェーデン発インテリア・ブランド「デザインハウス ストックホルム(DESIGNHOUSE STOCKHOLM)」は来年、ブランド設立25周年を記念し、“ブロック ランプ(BLOCK LAMP)”の限定カラー“スモーク”を発売する。“ブロック ランプ”は1997年、フィンランド人デザイナーのハッリ・コスキネン(HARRI KOSKINEN)がデザイン。ガラスのブロックの中に電球を埋め込んだ斬新なデザインで、ニューヨーク近代美術館(MOMA)の永久コレクションにも選ばれた。限定カラー“スモーク”の価格は2万2000円。日本限定500個で、来年2月~3月発売予定。日本の総代理店を務めるアテックスが運営するインテリア・ショップであるアーノット(ARENOT)などで販売する。

 「デザインハウス ストックホルム」は92年設立。スウェーデンをはじめ、北欧出身のデザイナーや建築家によるコレクションを発表し続けている。“デザインの出版社”と呼ばれる同ブランドは、出版社と作家が作品を作り出すようにデザイナーからアイデアを募り、共に考え作り上げる事を重視している。現在「イッタラ(IITALLA)」のクリエイティブ・デザイナーとしても活躍するコスキネンのほか、フィンランドを代表するデザイナーの一人であるティモ・サルパネヴァ(TIMO SARPANEVA)、モーテン・クラーソン(MARTEN CLAESSON)とエーロ・コイヴィスト(EERO KOIVISTO)、ウーラ・ルーネ(OLA RUNE)の3人で構成するスウェーデンのデザイン・ユニットなどが名を連ねる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら