ニュース

小田急百貨店がコスメ専用ECサイト開設

 小田急百貨店は11月11日、コスメに特化したECサイト「小田急コスメオンライン」をスタートする。国内外の21ブランドを展開し、百貨店業界のECにおいて初の試みとなる、注文した商品を新宿駅構内のコインロッカーで受け取れる、独自のサービスを提供。初年度売上高は2億円を見込んでいる。

 「小田急コスメオンライン」では、「ジバンシイ」「クラランス」「ジョンマスターオーガニック」など、21ブランドを扱い、ブランド別やアイテム別の他、季節ごとの需要に応じたスキンケアアイテムなどのおすすめ商品をトップ画面に配し、その時々に応じた最適な化粧品を提供していく。取り扱いブランドは2017年度以降さらに拡大し、将来的には約50ブランドを展開する計画だ。

 なお、サイトのローンチにあわせ11月11~15日には、新宿駅コンコースで告知イベントを開催する。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら