ファッション

隈研吾監修の東京新名所で夜景を楽しむ 「ボッテガ・ヴェネタ」トーマス・マイヤー来日パーティー

 「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」は、クリエイティブ・ディレクターのトーマス・マイヤー(Tomas Maier)就任15周年を祝し、天王洲の水上施設、ウォーターラインⅡでプライベート・ディナーを開催した。隈研吾監修の同施設は、自然美と都市美を一体化させた東京の新名所。日本のモダニズム建築の継承と関心を高める活動を行っているマイヤーならではの会場セレクトだ。ゲストは水辺の心地よい風を受けながら、熊本地震による被害のサポートとして、熊本産の材料を作った料理や夜景を楽しんだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら