ビジネス

三陽商会の13年度は営業利益2割増

 三陽商会の2013年12月期連結決算は、本業の儲けを示す営業利益が対前期比120.5%の70億円だった。売上高は同98.8%の1063億円だったものの、素材調達や工場の合理化などによって粗利益率を0.4ポイント改善、また当期に実施した希望退職者募集などによって販管費率を0.9ポイント削減したことで利益が底上げされた。ブランド・業態別の売上高では「ラブレス」が同125%、「マッキントッシュフィロソフィー」が同120%と好調だった。一連のリストラによる特別損失として36億円を計上する一方で、東京・潮見の土地・建物の固定資産売却益など26億円を特別利益に計上。純利益は同170.1%の36億円になった。

 今期の予想は売上高1070億円(対前期比100.6%)、営業利益72億円(同102.1%)、純利益42億円(同115.1%)。4月の消費増税を考慮し、前期並の計画を立てる。15年6月末に満了を迎える「バーバリー」の契約問題については「(以前と)状況は変わっていない。英バーバリー社と引き続き話し合いを続けており、遅くても5月までには結論を出す」(小山文敬・副社長)としている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら