ビューティ

【第96回アカデミー賞】マーゴット・ロビーやアリアナ・グランデも オスカーのレッドカーペッドはピンクリップ×スリークヘアがトレンド

現地時間3月10日、ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催された2024年度アカデミー賞。レッドカーペットでは多く見られたのは、ソフトなリップカラーとセンシュアルなスリークヘアの組み合わせだ。エマ・ストーン(Emma Stone)、シンシア・エリヴォ(Cynthia Erivo)からビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)、エヴァ・ロンゴリア(Eva Longoria)まで、多くのスターたちが、パーティーの定番であるレッドリップをあえて避け、"less-is-more"のトレンドを取り入れたメークで訪れた。

映画「バービー(Barbie)」に出演したマーゴット・ロビー(Margot Robbie)は“バービーコア”に倣い、リップにはピンクのシェードで敬意を表現。エリヴォはリッチなピーチリップで深いグリーンドレスとのコントラストをつけた。

フェミニンなピンクリップに合わせるのは、直線的でシャープな印象をもたらすスリークヘア。ロンゴリアやストーンら、多くのセレブ達はロングヘアを活かしたエフォートレスなセンターパートに仕上げた。

その一方、アップスタイルでまとめたセレブ達も。ヴァネッサ・ハジェンズ(Vanessa Hudgens)やラヴァーン・コックス(Laverne Cox)、エミリー・ブラント(Emily Blunt)らは、ベビーヘアや編み込みを活かした個性際立つお団子ヘアを披露した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。