ビューティ

松井里加メイクアップアーティスト監修の「セラリー」から肌を引き締める化粧水誕生

 国内外で活躍する松井里加メイクアップアーティストがプロデュースするビューティブランド「セラリー(SELALY)」はこのほど、化粧水“ルミヌ グロウミストローション”(150mL、税込4950円)を公式サイトやアマゾンなどで発売した。4月にデビューしたクレンジング3品に次ぐ第2弾アイテムで、肌に潤いを与えながら毛穴を引き締め、リフトアップ効果が期待できる高機能化粧水だ。

 同ブランドは「メイクアップで輝くためには美しい素肌があってこそ」(松井メイクアップアーティスト)との考えに基づき、出身地である奈良県が普及するハーブ、大和当帰をキー成分にスキンケアを提案する。スキンケアシリーズ“ルミヌ(LUMINEUX)”の第1弾であるクレンジング3品は無農薬栽培の大和当帰や柿の葉、よもぎ、甘茶など日本古来のハーブを配合。また、パラベン・シリコン・合成香料・合成着色料・硫酸系界面活性剤フリーとクリーンな処方も徹底する。

 第2弾の“ルミヌ グロウミストローション”はクレンジング同様に大和当帰など4種のハーブを配合。さらにネットのような形状を持つ3Dヒアルロン酸を加えることで、肌を引き締め、リフトアップ効果を発揮する。クリーンな処方も踏襲する。香りはフィトテラピーの第一人者である森田敦子氏がクレジング同様に手掛け、フランキンセンスやイランイラン、コリアンダー、ベチパーなど12種の精油を配合。「気持ちが前向きになる香り」を作り上げた。同製品は、スキンケアの最初に使用するほか、フィニッシングミストとしても使える。

 環境への配慮も推進し、プラスチックの最終焼却処分時に発生するCO2を削減するグリーンナノ技術を取り入れた容器を採用した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。