ビューティ

「サボン」がおうち需要の拡大やCRM戦略強化で6〜8月度売り上げ2ケタ増

有料会員限定記事

 イスラエル発のナチュラルコスメブランド「サボン(SABON)」は、コロナ禍においても好調を維持する。ブランドの特徴である死海の塩を配合した“ボディスクラブ”や“ヘッドスクラブ”などがおうち美容の需要拡大により躍進。さらにCRM戦略を強めたことで顧客との関係強化につながり、売り上げは2019年度比においても2ケタ増と勢いを増している。

 6〜8月の商況は、直営店50店舗とECを合算して19年比、前年同期比とも2ケタ増と伸長した。主要都市の店舗は緊急事態宣言下で来店客数が減少したが、接客時間を短くすることで回転数をあげる接客法から、時間をかけての接客に移行し客単価が上昇した。またおうち美容の充実が好調を後押しした。バスタイムに時間をかける人が増え、“ボディスクラブ”などが好調だった。会えない友人に自分が愛用するアイテムを贈ること人も多くギフト需要も伸びた。そのほか、「日本仕様のパッケージやテクスチャ−、サンプル製品の用意などをイスラエル本社に働きかけて充実したことや、CRM戦略を強めて顧客との関係性が強固になっているという長期的な取り組みも奏功した」と川島ゆみサボンジャパンPR&コミュニケーションマネージャーは語る。EC売り上げも好調で前年同期比18%増で着地した。VRショップの展開ほか、1月からスタートしたチャットサービスは5月から10店舗に導入したことに加え、きめ細かいデジタルマーケティング施策の強化が好調に貢献した。

この続きを読むには…
残り1080⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら