ファッション

「ユリウス」2016年春夏パリ・メンズ・コレクション

MOVIE

 「ユリウス(JULIUS)」は2016年春夏パリ・メンズ・コレクションを発表した。

REPORT

難解なレイヤードやフォームからの脱却。民族衣装に着想したエフォートレス

漆黒のレザーを基軸に、それを何度も加工したり、そこからアシンメトリーなアウターを生み出したり、その下に幾重ものインナーをまとったり、あらゆるテクニックを足し算していくことで重厚感のあるスタイルを提案してきた「ユリウス」が大きく変わった。2016年春夏メンズは、民族衣装に着想し、長年伝わってきた洋服の機能性やエフォートレスな着心地にフォーカス。重ためのスタイルは一気に軽くなった。

とはいえ、“らしさ”は残っている。モダールのような素材を混紡したハイゲージニットは、時に生地がたわんだり、たくし込まれたりで不思議なドレープを生んだり、そもそもシルエットに大きく変わっていたり。そこにサルエルパンツを合わせるなど、従来通りの商品もしっかり存在する。シンプルな装いにはしばしば、漆黒のブラックスプレーで2本線などを描き、純白のスタイルを“汚す”ことで神秘性を高める。

しかし、今季はその上にジャケットやコートを羽織ったり、ベースボールブルゾンをコーディネートしたり。形あるアイテムを加えることで、アシンメトリーなレイヤード主義の印象を薄め、そこからは軽いアイテムをさらりと羽織るエフォートレスな感覚さえうかがえる。一つ一つのアイテムも貫頭衣のようにプリミティブなパターンの洋服が多く、それをシンプルにコーディネート。 “らしさ”が失われないギリギリのところまでシンプルに引き算しつつ、民族衣装から呪術的なムードを借りることで神秘性を保ち、新たな一歩を踏み出した。

LOOK

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら