ファッション

坂本龍一が楽曲提供 「ロロ・ピアーナ」の最上級品質の素材を体感するデジタルインスタレーション

 最上級品質の素材使いで知られるイタリアブランド「ロロ・ピアーナ(LORO PIANA)」は、デジタルアートインスタレーション「An Odyssey of Touch」を東京・銀座のロロ・ピアーナ銀座店で10月25日まで開催中だ。ロンドンを拠点にするビジュアルアーティストのウィアードコア(Weirdcore)が、ブランドを代表する素材の手触りを視覚と聴覚で表現している。オリジナルの楽曲は坂本龍一が手掛けた。

 展示は「ネイチャー(Nature)」「インフィニット コネクション(Infinite Connection)」「クラウド シティ(Cloud City)」の3つの空間に分けて演出を行っている。「ネイチャー」では、蓮の繊維からできた希少なテキスタイル“ロータス・フラワー”から着想し、デジタルスクリーンを水面に見立てて秋の木の葉と蓮の花が揺れ動く様子を映し出す。「インフィニット コネクション」ではカシミヤ繊維のありのままの美しさにフォーカスし、カシミヤ原毛の塊に光を当てて、鏡張りの四面体の中で輝く姿を見ることができる。「クラウド シティ」では窓のようなスクリーンを設置して、デジタル上の銀座の街を映し出している。カシミヤを雲のように表現した。

 今回のインスタレーションを手掛けたウィアードコアは、音と映像を組み合わせた作品を手掛けており、著名なミュージシャンに作品を提供してきた。これまでにもレディオヘッド(Radiohead)、グウェン・ステファニー(Gwen Stefani)、テーム・インパラ(Tame Impala)、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)ら有名アーティストとコラボレーションをしている。

■An Odyssey of Touch by Weirdcore
会期:10月16~25日
時間:11:00-20:00
場所:ロロ・ピアーナ 銀座店4階
住所:東京都中央区銀座3-5-8

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら