ニュース

ヤギがナノファイバーを使用した高機能マスク発売 薄くて軽量、ウイルスをブロック

 繊維専門商社のヤギは、ナノファイバー「ナノクセラ(NANOXERA)」を使用した高機能マスク“エアクイーン(AirQUEEN)”を9月上旬にAmazonの自社ページで発売し、医療・介護施設、GMS、雑貨専門店などでも展開を予定している。

 「ナノクセラ」は韓国のナノファイバー製造企業トップテック(TOPTEC)グループが信州大学繊維学部と研究開発したもので、極細の糸を電気で紡糸する技術“エレクトロスピニング法”の量産型ナノファイバー。ヤギは今年1月、同社とナノファイバー製品のグローバル販売(韓国を除く)に関する契約を締結し、業務提携した。このマスクは、「ナノクセラ」を製品化した第1弾だ。

 ”エアクイーン”の価格は、1枚300円(販売は10枚セットで3000円)。「ナノクセラ」は、はっ水性、高吸水性、透過性、ストレッチ性に優れているほか、高いフィルター性能が特徴で、衣類のみならず医療用や電気・電子分野まで幅広い用途が期待されている。

 ”エアクイーン”は、0.3㎛(マイクロメートル)以下の微粒子を95%以上遮断し、着用部分からの空気の漏れ率が10%以内というアメリカの防じんマスク規格「N95」の基準をクリア。また製品の安全性・有効性を保証する機関であるアメリカ食品医薬品局(FDA)に医療機器として登録されるなど高い機能性が特徴のマスクだ。

 ヤギは1月の「nano tech 2020(第19回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議)」に「ナノクセラ」を出展し、最も優れた技術・研究成果を持って取り組んでいる初出展の団体に贈られる「新規ピックアップ賞」を受賞した。これをきっかけに、さまざまな業種から問い合わせを受けているという。

 今後は、中期経営計画の重点方針である“新領域への挑戦”に沿って、「ナノクセラ」を通気性のある透湿防水衣料やフィルター、車両資材など産業資材のほか、美容・コスメなどの各領域に拡大するとしている。

問い合わせ先
ヤギ 営業第一本部 第二事業部 
テクテキスタイルプロジェクトチーム
06-6266-7523