1. 集えウイスキーラバーたち! 「アードベッグ」が今年もウイスキーイベントを開催

集えウイスキーラバーたち! 「アードベッグ」が今年もウイスキーイベントを開催

イベント PR

2019/5/15 (WED) 02:00

 スコットランド発アイラモルトウイスキーの「アードベッグ(ARDBEG)」は、5月31日と6月1日の2日間、東京・代官山のモンスーンカフェ 代官山で「アードベッグ・デー 2019」を開催する。“アードベギャン”と呼ばれる熱狂的なファンが集うこのイベントは、2012年から年に1度、日本を含め世界中で同時開催している。

 今年のテーマはカリブ海の“カーニバル”。トラクターや車を装飾してパレードをしていた時代のカリブ文化に着想した。会場では、スティールパンの早打ちドラムの音色に乗せて陽気に踊るダンサーや、フレアバーテンダーによるカクテルショーなど見どころも十分。イベント参加のために事前購入が必要なチケットは、今年も完売必至のため、早めの購入がオススメだ。アードベギャンだけでなくモルトファンやモルト初心者も楽しめるイベントとなっている。

 さらに同イベントでは、6月1日発売の限定商品“アードベッグ ドラム”(1万2000円)をいち早く試飲することができる。熟したバナナやパイナップルのトロピカルなアロマが特徴だ。生産数がごく少ないため、このイベントは希少な“アードベッグ ドラム”を味わえるまたとないチャンスだ。

 「アードベッグ」は1815年にスコットランドのアイラ島で生まれたシングルモルトウイスキーで、蒸留所はたびたび閉鎖の危機に見舞われながらも大勢の愛好家に支えられ、今では世界130カ国、約12万人以上のファンに支持されている。

 ピート(泥炭)が非常に強くてスモーキーという特徴から“上級者向け”というイメージが強い「アードベッグ」だが、手掛ける最高蒸留・製造責任者のビル・ラムズデン(Bill Lumsden)博士は初心者でも楽しめると話す。「ニート(ストレート)やハイボール、カクテル、加水するなどあらゆる方法を試して、自分のお気に入りを見つけてみてはどうだろうか。大前提として“正しい”とか“間違った”飲み方というのはないので、堅苦しく考えず好きに楽しんでほしい」。

■アードベッグ・デー 2019
日程:5月31日~6月1日
時間:5月31日 15:00~16:30 / 17:30~19:00 / 20:00~21:30、6月1日 14:00~15:30 / 16:30~18:00 / 19:00~20:30
場所:モンスーンカフェ 代官山
住所:東京都渋谷区鉢山町15-4
入場料:事前販売チケット 3400円(グラス2杯と限定品“アードベッグ ドラム”試飲1杯、アードベッグロゴ入りテイスティンググラス付き)


問い合わせ先
MHD モエ ヘネシー ディアジオ
03-5217-9731

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
ブランド検索
シーズン検索
false false true true true false true true