ファッション

”唯一無二”な売り場はこうして作られた!渋谷パルコの作り方 Vol.1 総論&1階

有料会員限定記事

 2019年11月22日に、渋谷パルコが開業した。“カルチャーのパルコ”の総力を結集した売り場にファッション業界人は熱狂。一方で「一般消費者には受け入れられるのか?」と不安視する声もあったが、開業後9日間で売り上げは十数億円を記録し、引き続き絶好調との声が聞こえてくる。同店が支持されているのは、似たような商業施設があふれる中で“唯一無二”の売り場を追求したから。この連載では、他にはない店を作ったプランニング担当者4人に、企画の立て方や交渉術を聞いた。(この記事はWWDジャパン2020年1月6日号からの抜粋です)

WWD:意外性のあるフロア構成が好評です。どんなチームでプランニングを進めたんですか?

平松有吾(以下、平松):2016年9月に渋谷パルコの開業に向けた準備室が立ち上がりましたが、最初は管理部門含め8人と非常に少ないメンバーでした。徐々に増えたものの、プランニング自体に関わったのは計12人。直近の都心店舗の開発は20~30人だったのを考えると、相当少ないです。

この続きを読むには…
残り2860⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら