ニュース

良い睡眠には体温のメリハリが必要 「きき湯」から新入浴剤が発売

 入浴剤を取り扱うバスクリンは現代人が抱える睡眠の悩みに着目し温浴効果を高める「きき湯 ファインヒート リセットナイト」 (医薬部外品、400g、1000円前後)を9月18日に発売した。

 同製品は、温泉科学の知見から高濃度炭酸ガスと食塩を配合し、生薬のジンジャー末を組み合わせることで、より効率的に深部体温を上昇させる。またシダーウッドやカモミールの香りでリラクセーション効果も加えた。

 渡部秀典バスクリン 製品開発部は「現代人の睡眠時間は年々減少し、5人に1人がその質に満足できていない。しかしいそがしい現代人にとって、睡眠時間を確保することは難しい。そこで入浴によって効率的な睡眠が取れるように、『きき湯 ファインヒート リセットナイト』で試みた」という。

 夜から朝にかけて体温が下がることでよりよい眠りにつくことができるため、入浴により深部体温を意図的に上昇させ、メリハリをつくることで理想の体温リズムに近づける。体温を1度上昇させるためにはさら湯だと41度の湯船に10分間浸かる必要があるのに対し、同製品を使用した場合は7分で上昇する。

 発表会では田中秀樹・広島国際大学心理学部心理学科教授が「眠りの力と快眠のポイント」と題して講演。良い睡眠のポイントとして、夕方以降は居眠りや仮眠をせず、取りたい睡眠時間と同じだけ就床前には起きておくことや、12~15時までの間に10~15分の短い昼寝を取ること、休日と平日の起床時刻の差を2時間以内にとどめることを推奨した。

 入浴については就床の1~2時間前に38~41度の湯船にコップ1杯の水を飲んでから浸かり、脳を興奮させない“頭寒足熱”の状態をつくることを提案し、限られた生活時間の中での睡眠にまつわる行動の見直しと改善を促した。