フォーカス

「オリバーピープルズ」の新しいビンテージ美学に注目

 アメリカ・ロサンゼルス発のラグジュアリーアイウエア「オリバーピープルズ(OLIVER PEOPLES)」が、2019年のキャンペーン「Who is Oliver?(オリバーの正体とは?)」の発表とともに新作モデル「オリバー(OLIVER)」を発売した。「オリバー」は1960年代のビンテージ美学と、カリフォルニアのカジュアルでリラックスした空気感を吹き込んだデザインが特徴で、「オリバーピープルズ」の象徴であるビンテージアイウエアとブランド発祥の原点を盛り込んでいる。ほどよいラグジュアリー感、上品なデザイン性だけでなく、テンプル中芯にフィリグリー(金銀線細工)を施したパームスプリング柄を採用するなど、随所に高いクラフツマンシップも感じさせる。

南カリフォルニアの
ライフスタイルがDNA

 「オリバーピープルズ」は1987年、アメリカ・カリフォルニア州ウエストハリウッドの中心に位置するサンセット・ブルーバードでスタートした。地元ロサンゼルス特有の文化を形成するファッションや映画、アートなど南カリフォルニアに根付くライフスタイルがDNAだ。先ごろ発表した、ハリウッドを代表する往年の名優ケーリー・グラント(「ケーリー・グラント・エステート」)と、オルセン姉妹が手掛けるニューヨークのファッションブランド「ザ ロウ(THE ROW)」とのコラボレーションなど、「オリバーピープルズ」に新たなエッセンスを加えたシリーズとなっている。ブランド創設以来、今のアイウエアデザインのスタンダードとなっているクラシックスタイルをリードし、30年以上の間に数多くのヒットモデルを生み出した。そのディテールやテクニックを現代に引き継ぎアップデートしながら、時代に左右されない確固たるスタイルを築いている。
 
 アメリカンビンテージのスピリットを継承し、繊細なバランス感やサイズを備えて幅広い層とつながることを目的とした「オリバー」は、さらに新しいファンを獲得している。「オリバーの正体とは?」という問いに対して、「ブランド名を冠とした『オリバー』を掛けた人は誰でも『オリバー』である」という答えは斬新だ。

 「オリバーピープルズ」は、世界最大のアイウエア企業であるイタリアのルックスオティカ(LUXOTTICA)が世界60カ国以上で販売している。昨年、アメリカ・ダラス、香港、ベルリン、ロンドンにショップをオープン、世界に30の直営店を構える。

「オリバー」の正体とは?
「Who is Oliver?」キャンペーン展開中

 「オリバーピープルズ」がキャンペーン「Who is Oliver?(オリバーの正体とは?)」のムービーを製作。ニューヨークを舞台に、「オリバー」をかけたさまざまな人が行き来する。「オリバー」をかける人、その周りの人すべてとつながり、物語の主人公にするというメッセージを投げかけている。


問い合わせ先
ルックスオティカジャパン
カスタマーサービス
0120-990-307